※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【初心者向け】レンディングとステーキングの違いを分かりやすく解説!

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

自己紹介のテンプレ

本記事を書いているボクはブログ歴2年で月7万円の収益達成。

当ブログでは40代からでも始められる仮想通貨の始め方運用方法を発信しています。

ボク自身も仮想通貨を購入し、仮想通貨レンディングを運用しています。

レンディングとステーキング、どちらも仮想通貨を増やすシステムですが何が違うのか分からない方も多いはず。

今回は、仮想通貨を売買せず資産運用したい方に向けて、2つのサービスの違いを解説していきます。

この記事を読めば、レンディングとステーキングの違いが理解できますよ。

レンディングとステーキングの違いは?

レンディングとステーキングの違い

では、早速レンディングとステーキングの違いについて解説していきます。

レンディングステーキング
申請不要必要
仮想通貨の種類限定されてない限定されている
利率高い低い
運用期間1ヶ月単位期限なし
途中解約不可

主要な違いは以下のとおり。

  1. 対応している仮想通貨と利率
  2. 法律の違い
  3. 報酬のシステム

では1つずつ解説していきますね。

1.対応している仮想通貨と利率

レンディングとステーキングに対応している仮想通貨と利率の違いを表にまとめました。

レンディングステーキング
対応している仮想通貨限定されてない限定されている
利率高い低い

レンディングは、基本的には募集している仮想通貨のみ貸出できます。

しかし、ステーキングの方は対応している仮想通貨が限定されています。

なぜなら、ステーキングできる仮想通貨はPOS(プルーフ・オブ・ステーク)のアルゴリズムに対応しているものだけだからです。

POSとは

暗号資産(仮想通貨)のブロックチェーンネットワークで、取引を承認する方法の1つ。

仮想通貨を多く持っている人ほど、取引承認権が与えられます。

ちなみに、ビットコインやリップルなどはPOSではないため、ステーキングできません。

ビットコインやリップルを増やしたいならレンディングに貸出しましょう!

2.法律の違い

レンディングとステーキングは、運用方法は似ていますが法律上の扱いは大きく異なります。

レンディングサービスは消費貸借契約となり、ステーキングは特別な契約をしません。

ただし、なかにはステーキングサービスを消費貸借契約の位置付けにしてしている取引所もあります。

また、レンディングは分別保管の対象にならず、ステーキングは対象になります。

3.報酬のシステム

レンディングは仮想通貨を貸出して、貸出した数量と利率によって貸借料を受け取ります。

レンディング事業サービスは、海外投資家などに再度貸出すことで高い利率で運用できていますよ。

ステーキングは、取引所で保有している仮想通貨を預け報酬を受け取るシステムです。

預ける仮想通貨が多いほど、受け取れる報酬も増えます。

仮想通貨を一定期間、預けて増やす点においてはレンディングとステーキングは同じですね。

運用中の仮想通貨の引き出しも基本的には、どちらもできません。

ただし、一部取引所では途中で引き出せるものもありますよ。

レンディング運用のデメリット

レンディング運用のデメリットは以下のとおり。

  1. 解約手数料がかかる
  2. 運営会社の破綻
  3. 貸出し中は引き出せない

1.解約手数料がかかる

レンディングは、解約手数料がかかる場合があります。

解約手数料は、レンディングサービスによって異なり無料から数千円程度で設定されています。

仮想通貨を増やすためのレンディングなので、手数料で損をしないようにしましょう。

ちなみに、PBRレンディングの通常プランなら解約手数料がかかりません。

解約手数料が気になる方はPBRレンディングを利用しましょう!

>>PBRレンディングに貸し出す

PBRレンディングの始め方は、こちらの記事「PBRレンディングの始め方を解説!3,000円分のBTCもらえるキャンペーン中!」で解説しています。

PBRレンディングの始め方
PBRレンディングのやり方・始め方を解説!3,000円分のBTCもらえるキャンペーン中!

続きを見る

2.運営会社の破綻

仮想通貨レンディングは運営会社の破綻リスクがあります。

運営会社が破綻した場合、十分な補償を受けられない可能性があります。

レンディング運用するなら、複数のサービスを利用してリスク分散しましょう!

リスク分散先でオススメなのがビットレンディングです。

ビットレンディングはPBRレンディングの次に高い利率で運用できますよ。

>>ビットレンディングに貸し出す

3.貸出し中は引き出せない

レンディングは、基本的に貸出期間中は資金を引き出せません。

理由はレンディングサービスの仕組み上、貸し出した仮想通貨を第3者に貸し付けているからです。

レンディングを利用する前に、貸出期間中は引き出せないことを理解した上で貸出しましょう。

レンディング運用のメリット

レンディング運用のメリットは以下のとおり。

  1. 初心者でも始められる
  2. 銀行に預けるより高利率
  3. 仮想通貨を売買しなくても増やせる

1.初心者でも始められる

レンディングは、仮想通貨初心者でも始められます。

取引所の口座開設と仮想通貨の購入・送金の作業は必要ですが難しくありません。

また少額でも始められるため、初心者でも安心してレンディングに預けられますよ。

2.銀行に預けるより高利率

レンディングは、銀行に預けておくよりも高利率です。

メガバンクは年率0.002%なので仮に50万円預けても、年間たった10円しか利息がもらえません。

それに比べ、レンディングは低くても3%、高いと10%で運用できます。

仮に3%で運用すれば、年間15,000円の利息がもらえますよ。

3.仮想通貨を売買しなくても増やせる

レンディングは仮想通貨の売買をしなくても、貸し出すだけで増やせます。

初心者がトレードで利益を出すのは難しいです。

タイミングを間違えると、大きな損失を被ってしまいます。

しかし、レンディングならトレードをしなくても仮想通貨を増やせますよ。

レンディング運用するならPBRレンディング

PBRレンディング公式サイト

これからレンディングするのならPBRレンディングがオススメです。

PBRレンディング利率10%〜12%で運用できます。

さらに解約手数料が無料なので、運用してみて合わなくてもすぐにやめられますよ。

PBRレンディングに興味がある方は、以下の記事で詳しく解説しています。

>>PBRレンディングの始め方を解説!3,000円分のBTCもらえるキャンペーン中!

レンディング運用の注意点

仮想通貨レンディングを始める際の注意点を解説していきます。

注意点は以下のとおり。

  • 分別保管の対象にならない
  • 預金保険の対象にならない

記事の前半でもお伝えしたように、仮想通貨レンディングは分別保管の対象じゃありません。

また預金保険の対象から外れています。

貸出先が破綻したときは貸出した仮想通貨が戻ってこないリスクがあります。

そのため、レンディングする際は上記リスクを理解した上で利用しましょう。

レンディングとステーキングの違いのよくある質問

レンディングとステーキングに関する質問をまとめました。

Q1.レンディングに貸出す数量は?

結論、利用するレンディングサービスによって異なります。

国内取引所なら約1万円から始められますよ。

Q2.レンディングとステーキングで利益が出たら税金はどうなる?

レンディングやステーキングで年間20万円以上の利益が出た場合は、課税対象になります。

仮想通貨の税金については以下の記事を参考にしてください。

>>仮想通貨の税金ヤバい!知らないと損する4つの節税対策を解説!

長期運用するならレンディングがオススメ!

今回はレンディングとステーキングの違いについて解説しました。

最後にもう一度、2つの違いをおさらいしましょう!

  1. 対応している仮想通貨と利率
  2. 法律の違い
  3. 報酬のシステム

レンディングは初心者でも簡単に始められます。

レンディングを始めるならPBRレンディングが高利率で運用できるのでオススメですよ。

\紹介コード「312079846」/

PBRレンディングを始める

紹介コード入力で3,000円分のBTCもらえる

PBRレンディングの始め方は、こちらの記事「PBRレンディングの始め方を解説!3,000円分のBTCもらえるキャンペーン中!」で解説しています。

  • この記事を書いた人
ゆういち

ヤマシタ ユウイチ

仮想通貨ブロガー& Webライター丨仮想通貨の始め方&運用方法を発信丨仮想通貨をレンディングで運用中丨【経歴】中卒→中小企業勤務→フリーランス

-仮想通貨
-, , ,