※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

年利10%のBitLendingは怪しい?評判や安全性を解説!

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

自己紹介

本記事を書いているボクはブログ歴1年半で月7万円の収益達成。

当ブログでは40代からでも始められる仮想通貨の始め方運用方法副業で稼ぐ方法を発信しています。

ボク自身も仮想通貨を購入し、仮想通貨レンディングを運用して毎月利息をもらってます。

BitLending(ビットレンディング)最高10%の年利で貸し出しができるレンディングサービスです。

しかし、高い利率から逆に怪しくて安全性など不安に思う方も多いはず。

この記事はそんな悩みや疑問が解決できる内容になってます。

仮想通貨を持っているならレンディング運用しないのは勿体ないです。

この記事を最後まで読んで、ビットレンディングを始めてみてください。

こんな方にオススメ

  • 1ヶ月お試しで利用してみたい

\たった5分で登録完了/

BitLendingに貸し出す

年4回まで出金手数料がタダ!

BitLendingが怪しい理由

ビットレンディングが怪しいと言われる主な理由は、以下のとおり。

  1. 高い利率
  2. 市場の変動
  3. 情報が不透明

1つずつ解説していきますね。

1.高い利率

ビットレンディングは国内レンディングサービスの中でも、6%〜10%と高い利率で運用できます。

しかし、この高い利率での運用を怪しむ方が多いです。

銀行預金の利率と比較すると、よく分かりますよね。

2.市場の変動

仮想通貨市場はトレンドの移り変わりや価格の変動が激しいです。

そんな変動の激しい仮想通貨で安定した利益を獲得するのは難しいと思う方が少なからずいます。

実際にビットコインの価格が暴落したとき、一部レンディングサービスが破綻寸前まで追いやられました。

このことからもBitLendingが怪しいと言われています。

3.情報が不透明

ビットレンディングの利益がどのように発生しているのか、明確に情報を公開していない部分もあります。

不透明な部分があるのは、利用者からすれば不安になりますよね。

BitLendingが怪しくない根拠

では、ビットレンディングが怪しくない根拠を解説していきます。

怪しくない根拠は以下のとおり。

  1. 国内企業が運営
  2. 独自の投資ノウハウで高利率を実現

では1つずつ解説していきます。

1.国内企業が運営

ビットレンディングは国内企業の「株式会社J-CAM」が運営しています。

もちろん、国内の法規制のなかサービスを提供しているため安心して利用できますよ。

2.独自の投資ノウハウで高利率を実現

ビットレンディングは高い利率の背景に対し、公式サイトで以下のように解説しています。

ビットレンディングの高い利率の根拠
  • 最新のブロックチェーン技術を活かしたリスク排除で安定した収益を得ている
  • Web3.0総合雑誌「lolite アイオライト」の収益の柱がある

そのため、ビットレンディングは国内取引所や他社と比較しても高い利率での運用が実現できています。

実際に運用した結果

ビットレンディング運用実績

6ヶ月貸し出して、約1,202円の利息をもらえました。

ゆういち
ゆういち

貸し出す数量が多ければ、より多くの利息がもらえますよ。

BitLendingとは

ビットレンディングの仕組み

ビットレンディングは2022年2月22日の先行サービスを経て、同年8月8日に正式サービスが開始したレンディングサービスです。

事業名称BitLending
運営会社株式会社J-CAM
設立日2020年5月
代表取締役新津俊之
所在地東京都港区虎ノ門1-10-5 KDX虎ノ門一丁目ビル11F
事業内容暗号資産レンディング「BitLending」
公式HP公式サイト

仮想通貨を預けて利息がもらえるサービスで銀行預金の仮想通貨版ですね。

銀行の定期預金と大きく違うところは金利の高さです。

メガバンクの年利が0.002%に対し、ビットレンディングの利率は最大10%!

ちなみに、コインチェックなどの仮想通貨取引所でもレンディングサービスがありますが1〜5%の利率となってます。

ゆういち
ゆういち

仮想通貨取引所と比較しても2倍の利率は魅力的ですよね。

BitLendingの特徴

BitLendingの特徴

ビットレンディングの特徴は以下の4つです。

ビットレンディングの特徴

  • 最大10%の年利
  • 貸出可能な通貨は6種類
  • 万全なセキュリティ
  • 見やすいデザイン

1.最大10%の年利

ビットレンディングの利率は6〜10%です。

同じPBRレンディングの10〜12%とは僅差で劣りますが、それでも高い利率です。

どうせなら、高い利率のサービスで多くの資産を増やしたいですよね。

レンディングサービス利率
PBRレンディング
10〜12%
BitLending
6〜10%
コインチェック
1〜5%
bitbank
0.1〜5%
GMOコイン
1〜3%

2.貸出可能な通貨は6種類

ビットレンディングは2024年2月時点で以下の6種類の仮想通貨に対応しています。

2024年2月1日からリップル(XRP)も取扱いを開始しました。

貸出し可能な仮想通貨年利
BTC8%
ETH8%
XRP6%
DAI10%
USDT10%
USDC10%

今後、取り扱う仮想通貨が増える可能性もゼロではありません。

3.万全なセキュリティ

ビットレンディングのセキュリティは公式HPに以下のように説明されてます。

  • 暗号資産メディアとして培ってきた暗号資産の市場理解や、セキュリティ関連のリスク調査に加えて、金融機関出身者による収益管理とリスク管理を組み合わせた形で、資産マネジメントを行っております。
  • 多要素認証や送金アドレスリスト登録など複合的要素による認証を行い、多重セキュリティシステムで不正送金を防止し携帯やSIMカード盗難に伴うハッキングリスクを低減します。
  • 他のユーザーによる成りすまし等による不正引き出しを防ぐため、引き出しは初回登録時に指定した暗号資産アドレスか、再度本人確認をして指定した暗号資産アドレスのいずれかにしか送付できません。

    出典:ビットレンディング公式サイト

分かりやすくいえば、不正ログイン対策はもちろん、金融機関出身者によるリスク管理を実施しているということですね。

4.見やすいデザイン

ビットレンディングの画面は、初心者にも見やすく使いやすいユーザーインターフェース設定です。

そのため、貸出申請や貸借料の履歴確認も分かりやすいです。

マイページ画面

BitLendingの評判・口コミ

Bit Lending評判

ビットレンディングの評判や口コミを紹介していきます。

実際の利用者の声を聞いてみましょう。

悪い評判&口コミ

BTCレンディング10%(12%)のPBRレンディング。8%のビットレンディング。 高すぎて怪しい

1.5%のHashHubさん、この2社を分析してください。

引用:Twitter

ビットレンディング、興味あるけど流石に怖いぞ

引用:Twitter

ビットレンディングってどうなんだろう

情報が少なすぎる。。年率8%は明らかにハイリターンなのにローリスクに見える。s&p500の年率と比較しても高すぎる。アフィリが先行しすぎて客観的数値が見えない。事業者はレバレッジ取引をしていると言ってるのも気になる。僕は絶対投資しないかな。

引用:Twitter

ビットレンディングもftxみたいに破産するのかな…

引用:Twitter

年率の高さから「怪しい」や「怖い」といった声があります。

ゆういち
ゆういち

不安な方は、少額で始めてみてください。

いい評判&口コミ

やっぱりレンディングはいいなぁ

今月もビットレンディングから2,500円程受け取って、受取利息が合計20,000円を超えました

僕はPBRレンディングとビットレンディングに分散させていて、2社合わせて毎月5,000円程貰っています♪

引用:Twitter

年利8%。ビットコインを貸出すだけで自動で増やせる国内サービス「ビットレンディング」。定期預金の25倍の金利が魅力。さらにビットコインはこの14年で約0円→400万円と値上がりも期待できる。仮想通貨は未来の資産としてスタンダードになるので、今のうちからコツコツ積立てて持っておくと◎

引用:Twitter

BitLending(ビットレンディング) やっていますか? こんな時代でも、 暗号資産を預けておくだけで 年利8%がもらえます。

暗号資産を持ったままでは、 もったいない。 人の目が気になる。 大きなことができない。

そんな性格なひとは、 副業も資産もコツコツと 積み上げよう。

引用:Twitter

❤︎暗号資産で不労所得❤︎

年率8%で運用できる ビットレンディング 銀行定期預金とくらべると、 100万円が100万10円

100万円が108万円

約7万9千円もの差! 貯金だけではお金が増えないのもうなづけます 全部とは言わずも一部を他の資産に分散するのはありですね。

引用:Twitter

年率8%(最大10%)での運用が高評価です。

ゆういち
ゆういち

銀行の何倍もの利息がもらえるのは嬉しいですよね。

BitLendingのデメリット

ビットレンディングのデメリット

ビットレンディングのデメリットは以下の3つです。

1つずつ解説していきます。

1.会社破錠

ビットレンディングは2022年8月に正式サービスが始まったばかり。

運営している株式会社J-CAMは、世界水準の専門知識がある会社です。

それでも、どんなサービスにも破錠リスクの不安はあり、取引所も例外ではないです。

ゆういち
ゆういち

仮想通貨のサービスを利用するなら、理解したうえで利用していきましょう。

2.利率が下がる可能性

BTCの利率はサービス開始時は10%でしたが現在は8%に下がってます。

今は、レンディング利用者を多く獲得するため高い利率設定です。

しかし、将来的にもっと下がる可能性があります。

高い利率の今だからこそ、早く貸出して増やしていきましょう!

3.返還時に手数料がかかる

貸出した仮想通貨を返還するときにネットワーク手数料がかかります。

ネットワーク手数料は以下のとおり。

通貨ネットワーク返還手数料
BTC0.0005 BTC
ETH0.00625 ETH
XRP0.2 XRP
DAI15 DAI
USDT(TRC-20) 1USDT
USDT(ERC-20) 35USDT
USDC(TRC-20)1USDC
USDC(ERC-20)35USDC

ビットレンディングのリップルは取扱い始めて間もないため、まだ公式サイトに返還手数料の記載がなかったので問い合わせして確認しました。

ビットレンディングのリップルの取扱い数量

ビットコインを例にすると、

0.0005 BTC(1BTC=600万円で計算した場合、約3,000円)

預ける期間によっては手数料の方が高くなるケースもあります。

しかし、2023年8月に公式サイトよりアナウンスがあり、以下の条件の場合に限り出金手数料が無料になります。

出金手数料無料の条件

出金(返還・紹介報酬の出金含む)手数料が年4回まで無料

ゆういち
ゆういち

これで短期間の運用もしやすくなりました。

送金手数料も無料にできる

ビットポイント」を利用すれば送金手数料も無料にできます。

まだビットポイントの口座開設が済んでいない方は、以下のリンクから作ってみましょう!

>>無料でビットポイントの口座開設する

BitLendingのメリット

ビットレンディングのメリット

次にビットレンディングのメリットを紹介します。

1.取引所より高い利回り

ビットレンディングは8〜10%と高年利で運用できます。

つまり、少額で始めても多くの利益を得られます。

たくさん貸出したくない方や多くの資金を持たない方でも始めやすいです。

2.自動で複利運用

毎月1日に先月分の貸借料が貸出元本に自動で付与されます。

なので1度貸出したあとは、新たに申請するといった手続きもありません。

さらに返還申請をしない限りは、複利運用で自動で資産が増え続けます。

3.申請から運用までが早い

ビットレンディングは貸出申請から運用開始までが早いです。

一方、国内取引所のレンディングサービスは申請から承認されるまで時間がかかります。

早くレンディング運用を始めたい方はビットレンディングを利用しましょう。

4.返還までが早い

貸出までが早いうえに、返還されるまでも早いのもメリットの1つです。

他のレンディングサービスは、申請してから返還まで約1ヶ月かかります。

それに対し、ビットレンディングは業界最短の7営業日で返還されます。

5.知識ゼロでも始められる

レンディング運用の1番のメリットは、知識ゼロの初心者でも始められます。

見やすく使いやすいサイト設計なので、登録から貸出しまで簡単にできますよ。

登録は10分でできるので、サクッと登録しましょう!

\たった5分で登録完了/

BitLendingに貸し出す

年4回まで出金手数料がタダ!

BitLendingのよくある質問

ビットレンディングの質問

最後にビットレンディングのよくある質問に答えていきます。

Q1.レンディングの利益は税金がかかる?

結論、税金がかかります。

仮想通貨の利益は雑所得に分類され年間20万円以上なら確定申告が必要です。

仮想通貨の税金は、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ、読んでみてください。

>>仮想通貨の税金ヤバい!知らないと損する4つの節税対策を解説!

暗号資産の税金
仮想通貨の税金ヤバい!知らないと損する4つの節税対策を解説!

続きを見る

Q2.アプリから利用可能?

残念ながら、2024年2月時点ではスマホアプリはありません。

そのため、ブラウザから閲覧しましょう。

Q3.最短の貸出期間はどれくらい?

最短での貸出期間は1ヶ月です。

これより短い期間では、コインチェックの14日があります。

しかし、コインチェックは申請から承認されるまでが長いです。

BitLendingが怪しいはウソ!

今回は、ビットレンディングの特徴や評判について解説しました。

最後に、もう一度ビットレンディングの特徴をおさらいしましょう!

ビットレンディングの特徴

  • 最大10%の年利
  • 貸出可能な通貨は6種類
  • 万全なセキュリティ
  • 見やすいデザイン

メリット・デメリットはこちら

メリットデメリット
取引所より高い利回り会社破綻
最短翌日から運用開始利率が下がる可能性
自動で複利運用返還時に手数料がかかる
返還申請から出金までが早い
知識ゼロでも始められる

まだサービスが始まって新しいため、怪しいといった声を見聞きします。

しかし、知識が無い方でも簡単に利用できるのは大きなメリットです。

仮に5万円を運用したら、何もしなくても月に約300円もらえます。

将来の生活を少しでもよくするためにも、今から少しずつ資産を増やしていきましょう!

\たった5分で登録完了/

BitLendingに貸し出す

年4回まで出金手数料がタダ!

ビットレンディングの始め方・やり方は、こちらの記事「BitLendingの始め方・やり方をレンディング運用中のボクが解説!」で詳しく解説しています。

BitLendingの始め方・やり方
【貸して増やす】BitLendingの始め方・やり方を解説!

続きを見る

複数に貸出してリスクを分散させましょう!

オススメは利率10%〜12%で運用できる「PBRレンディング」です。

PBRレンディングの始め方は、こちらの記事「PBRレンディングの始め方を解説!3,000円分のBTCもらえるキャンペーン中!」で解説しています。

PBRレンディングの始め方
PBRレンディングの始め方を解説!3,000円分のBTCもらえるキャンペーン中!

続きを見る

  • この記事を書いた人
アイコン

ヤマシタ ユウイチ

ブロガー&Webライター丨仮想通貨の始め方&運用方法を発信丨ブログ収益月1万円達成丨仮想通貨のレンディング運用中丨【経歴】中卒→中小企業勤務→フリーランス

-仮想通貨
-, , ,