※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【確定申告も安心】PBRレンディングの損益計算のやり方を解説!

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

自己紹介のテンプレ

本記事を書いているボクはブログ歴2年で月7万円の収益達成。

当ブログでは40代からでも始められる仮想通貨の始め方運用方法を発信しています。

ボク自身も仮想通貨を購入し、仮想通貨レンディングを運用しています。

結論、PBRレンディングに貸出して利益がでたら確定申告が必要です。

しかし、仮想通貨の損益計算は難しいため計算方法が分からない方も多いはず。

そんな方のために今回は、PBRレンディングで税金が発生するタイミングや損益計算のやり方を解説しています。

この記事を読めば、PBRレンディングで損益計算のやり方が分かりますよ。

確定申告の心配事をなくして、PBRレンディングで仮想通貨を増やしていきましょう!

\紹介コード「312079846」/

PBRレンディングを始める

紹介コード入力で3,000円分のBTCもらえる

PBRレンディングで発生する税金について

PBRレンディングで発生する税金

仮想通貨で利益が出た場合の税金は雑所得になります。

PBRレンディングで得た利益も、他の雑所得と合わせて申告する必要がありますよ。

雑所得とは

給与所得や事業所得以外の所得のこと

雑所得の税率は所得によって異なるので気をつけてください。

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円〜330万円以下10%97,500円
330万円〜695万円以下20%427,500円
695万円〜900万円以下23%636,000円
900万円〜1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円〜4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円以上45%4,796,000円
出典:国税庁HP(No.2260)

税金が発生するタイミング

PBRレンディングで税金が発生するタイミング

PBRレンディングで税金が発生するタイミングは利息を受け取ったタイミングで発生します。

PBRレンディングの場合は毎日、貸借料が付与されるため自分で管理するのは大変ですね。

PBRレンディング1月の利息履歴
PBRレンディング1月の利息履歴

PBRレンディングで損益計算する方法

PBRレンディングで損益計算する方法

PBRレンディングで確定申告のために損益計算する方法は以下のとおり。

今回は仮想通貨の損益計算ツール「Cryptact(クリプタクト)」で計算する方法を紹介していきます。

  1. クリプタクトに無料登録
  2. 取引所&ブロックチェーン登録
  3. PBRレンディングで履歴データ取得
  4. ファイルをアップロード

すでにクリプタクトに登録している方は、手順3「PBRレンディングで履歴データ取得」から読み進めてください。

1.クリプタクトに無料登録

まず、クリプタクトに無料登録しましょう。

>>クリプタクトで損益計算する

①〜⑤の手順でメールアドレスを登録します。

クリプタクトで無料アカウント登録する
メールアドレス登録
メールアドレス認証

パスワードを12文字以上で設定してください。

パスワード登録

2.取引所&ブロックチェーン登録

①〜④の手順通りに進みます。

個人を選択
最初から計算を始めるをタップ

①〜3の順でビットレンディングを登録しましょう。

選択するをタップ
クリプタクトでPBRレンディング を登録

3.PBRレンディングで履歴データ収録

①〜④の手順で履歴データをダウンロードします。

PBRレンディングでは、これまで取引履歴データ(CSV)のダウンロードできませんでした。

しかし、2024年2月にアップデートされてから取引履歴のダウンロードができるようになってます。

ゆういち
ゆういち

取引履歴データをダウンロードできるのは助かりますね。

PBRレンディングでCSVダウンロードする
CSVをダウンロードするをタップ

4.ファイルをアップロード

①〜③の手順で進みます。

取引一覧をタップ
アシスタントに移動をタップ
追加するをタップ

①〜③の手順で取引履歴データをアップロードして完了です。

PBRレンディングのファイルをアップロードするをタップ
ファイルをドラッグ

>>損益計算のやり方を手順1からもう一度読む

PBRレンディングの損益計算はお試しプランがオススメ

PBRレンディングの損益計算をするなら「お試しプラン」を利用しましょう。

PBRレンディングは前述のとおり、毎日利息をもらえるため無料で利用できる取引件数50件を超えてしまうからです。

お試しプランなら年間の取引件数が500件まで利用できますよ。

ただし、年間8,800円(税込)の費用が発生するデメリットはあります。

しかし、損益計算が楽になるメリットもあるため費用対効果を考えて利用してみてください。

PBRレンディングの確定申告に関する質問

PBRレンディングの確定申告に関する質問をまとめました。

Q1.PBRレンディングの税金の種類は?

PBRレンディングで受け取る利息や仮想通貨の売買での利益は「雑所得」になります。

Q2.確定申告する目安は?

仮想通貨の利益が年間20万円以上なら確定申告が必要になります。

年間20万円を超えなければ確定申告の必要はありません。

そのため、1ヶ月の利益が16,700円を超えている方は調整しましょう。

Q3.PBRレンディングの損益計算のやり方は簡単?

PBRレンディングに限らず、仮想通貨の損益計算は難しいです。

素直に損益計算ツールを利用しましょう。

その方が時間短縮にもなり、他のことに時間を使えますよ。

クリプタクトは複雑な仮想通貨の損益を自動で計算してくれる計算ツールです。

PBRレンディングの損益計算はクリプタクトを利用すると簡単

今回はPBRレンディングの確定申告について解説しました。

PBRレンディングの確定申告のための損益計算はクリプタクトを利用すれば簡単です。

ただ、クリプタクトでPBRレンディングの損益計算をする場合は年/8,800円(税込)のコストがかかります。

この料金を許容できる方はクリプタクトを利用してみてください。

>>クリプタクトで損益計算する

税金が発生するタイミングや損益計算のやり方をが分かったら、PBRレンディングを始めてみましょう!

\紹介コード「312079846」/

PBRレンディングを始める

紹介コード入力で3,000円分のBTCもらえる

PBRレンディングの始め方は、こちらの記事「PBRレンディングの始め方を解説!3,000円分のBTCがもらえるキャンペーン中!」で解説しています。

PBRレンディングの始め方
PBRレンディングのやり方・始め方を解説!3,000円分のBTCもらえるキャンペーン中!

続きを見る

  • この記事を書いた人
ゆういち

ヤマシタ ユウイチ

仮想通貨ブロガー& Webライター丨仮想通貨の始め方&運用方法を発信丨仮想通貨をレンディングで運用中丨【経歴】中卒→中小企業勤務→フリーランス

-仮想通貨
-, , ,