※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【画像付き】GMOコインの入金方法を分かりやすく解説!

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

自己紹介のテンプレ

本記事を書いているボクはブログ歴2年で月7万円の収益達成。

当ブログでは40代からでも始められる仮想通貨の始め方運用方法を発信しています。

ボク自身も仮想通貨を購入し、仮想通貨レンディングを運用しています。

今回は、GMOコインの入金方法について解説していきます。

GMOコインへの入金方法は2つあります。

結論、即時入金手数料も安く取引しやすいです。

では早速、入金方法を見ていきましょう!

ゆういち
ゆういち

口座開設がまだの方は、以下の記事からどうぞ!

>>【マイナンバー不要】GMOコインで口座開設する方法を解説!

GMOコインへの入金方法

GMOコインへの入金方法は以下の2種類です。

  1. 即時入金
  2. 銀行振込

それぞれの入金手数料は以下のとおり。

入金方法入金手数料(税込)
即時入金無料
銀行振込利用する銀行の振込手数料に従う

GMOコインに入金をする際は即時入金を利用すれば、振込手数料を無料にできますよ。

1.即時入金

即時入金が利用できる金融機関は以下のとおり。

住信SBIネット銀行GMOあおぞら
ネット銀行
PayPay銀行ゆうちょ銀行
最低入金額1,000円/回1円/回1,000円/回1,000円/回
最高入金額1,000万円/回1,200万円/回1,000万円/回1,000万円/回

以下の銀行を利用すると、入金額相当の仮想通貨の送付が7日間制限されるので注意してください。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • その他銀行

アプリのアップデートなどで画像や手順が若干変わる可能性があります。

①〜③の手順通りに進み、利用する金融機関を選択します。

入出金/振替をタップ
利用する金融機関を選択

入金する金額を入力し、金融機関側で手続きすれば完了です。

入金額を入力
利用する銀行側で手続き

2.銀行振込

GMOコインが銀行振込に指定している金融機関は「GMOあおぞらネット銀行」と「楽天銀行」です。

同行間での振込なら手数料が無料になりますよ。

①〜②の順にタップして進みます。

入出金/振替をタップ
振込入金をタップ

振込先情報が表示されるので、利用する銀行から手続きすれば入金完了です。

GMOあおぞらネット銀行振込先
楽天銀行振込先情報

GMOコインで仮想通貨を買ってみましょう!

今回はGMOコインへの入金方法について解説しました。

GMOコインに入金する方法は「即時入金」と「銀行振込」の2つ。

オススメは手数料が無料の「即時入金」です。

入金できたら仮想通貨を買ってみましょう!

仮想通貨を購入するには「販売所」と「取引所」のどちらかを利用します。

コストを抑えたいなら「取引所」がオススメです。

仮想通貨の購入方法は、こちらの記事「【図解説明】GMOコインで仮想通貨を購入・送金する方法を解説!」を参考にしてください。

GMOコイン仮想通貨の購入・送金方法
【図解説明】GMOコインで仮想通貨を購入・送金する方法を解説!

続きを見る

口座開設がまだの方は先に口座開設を済ませましょう。

\最短10分で取引可能/

GMOコインで口座開設する

送金手数料無料

口座開設の詳しい手順は、こちらの記事「【マイナンバー不要】GMOコインで口座開設する方法を解説!」で解説しています。

GMOコイン口座開設の手順
【マイナンバー不要】GMOコインで口座開設する方法を解説!

続きを見る

  • この記事を書いた人
ゆういち

ヤマシタ ユウイチ

仮想通貨ブロガー& Webライター丨仮想通貨の始め方&運用方法を発信丨仮想通貨をレンディングで運用中丨【経歴】中卒→中小企業勤務→フリーランス

-仮想通貨