【ベトナムコーヒー】事情

[temp id=4]

ベトナムの人はとにかくコーヒーが好きです。
カフェも多く、路上で簡易店舗を作ってコーヒーを販売している所も多く見られます。

ベトナムのコーヒー豆世界輸出シェアは?

順位シェア率
1位ブラジル28.7%
2位ベトナム21.8%
1位のブラジルに次ぐ2位のシェア率を誇ります。

年間のコーヒー豆の輸出量は約150万t世界に輸出しています。

ベトナムの朝は早いので大半の人が朝は外で食べることが多く、朝のカフェには大勢の人がいます。

また、仕事の商談の話などもカフェで行うため、日中でも多くの人がいます。

コーヒー生産が盛んなベトナムですが、消費量の方はというと、ICO(国際コーヒー機関)が発表した「世界の一人当たりコーヒー消費量」によるとEU5.22㎏、日本3.7㎏、アメリカ4.87㎏等と比較するとベトナムは1.59㎏と意外と少ない事が分かってます。
※2018年調べなので現在はもう少し増えているかもしれないですね。

お店やコーヒーの種類によって甘さや濃さ、苦みなど違うので色々なお店を廻って自分好みのコーヒーを見つけるのもいいかもしれないですね

僕は、スーパーで売っているインスタントのコーヒーを買ってきて家で飲んでますね。

仕事終わって、帰ってご飯を食べ、シャワーを浴びてからのコーヒーが至福のときです。笑

夜にコーヒーって思われる方もいるかと思いますが、仕事がある日の朝にコーヒーを飲むと身体の調子が悪くなるので飲みません。

仕事がある朝は飲まないようにしてます。

母親にお土産でベトナムコーヒーをあげてからは、母親もベトナムコーヒーにハマってます。

お土産にはいつも、G7のコーヒーを大量に買って帰ります。

ベトナムコーヒーのお土産の定番商品となっていてオススメです。

コロナの規制が段々と緩くなってきているので、ベトナムに来た際は一度ベトナムコーヒーを飲んでみて下さい。

  • この記事を書いた人

ヤマシタ ユウイチ

1983年 富山県生まれ
2014年からベトナムで生活|2022年11月から仮想通貨投資始めました。
2児のパパです。

-ベトナム
-,