知識ゼロから最短合格へ導く【SDGs検定合格講座】

こんにちは、ヤマシタです。

SDGsについてこんな悩みはありませんか?

  • SDGsに検定にの勉強方法が分からない
  • 検定の過去問が少なく、問題演習ができない
  • SDGsに関する知識が膨大で、勉強範囲が分からない

そんな悩みを解説できる記事を用意しました。

この記事で紹介する「SDGs検定講座」を実践することでSDGsについて学ぶことができますよ。

最後までぜひ、読み込んでください!

本記事の内容

  • SDGs検定講座の内容
  • 料金について

知識ゼロから最短合格へ導く【SDGs検定合格講座】

SDGs検定合格講座は知識ゼロの状態からでも最短で合格へと導くことができる講座になってますよ。

SDGs検定合格講座の申し込みはこちら

SDGs検定合格講座が選ばれる5つの理由

  1. 日本初の専門講座
  2. 合格に十分・要点を絞ったカリキュラム
  3. スマートフォン対応
  4. 受講生限定の勉強コミュニティ
  5. 1本 5~15分の動画だから続けやすい

≫SDGs【持続可能な開発目標】オンライン講座のお申し込みはこちらから

カルキュラム

講座の全体像

1.SDGs検定とは
2.SDGs検定の合格学習法
3.講座のカルキュラム

SDGsとは

1.SDGsの歴史
2.SDGsの定義

SDGs 17の目標

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナージップで目標を達成しよう

ステークホルダーとSDGs

1.日本政府とSDGs
2.企業とSDGs
3.自治体とSDGs

問題演習

1.予想問題集をオンライン上で解いていく

利用料金

料金:24,800円

いまなら無料のお試し体験で講座の一部の動画を閲覧可能です。

≫SDGs【持続可能な開発目標】オンライン講座のお申し込みはこちらから

受講者の声

職業:主婦
主婦をしています。最初は、SDGsとは何かすらわからない状況でしたが、ニュースでよく報道されているSDGsというものが何なのかに興味を持ち、思い切って受講をしてみました。日頃の生活の変化に関わる内容も取り上げてくださっているため、好奇心を保って勉強を進めることができました。友人と話のネタにもなりますよ^^

職業:会社員
電子機器メーカーで勤務をしております。自社は、SDGs経営の実践を始めており、社員に対しても、SDGsの理解度を高めるために社外セミナーへの参加が推奨されています。そのため、本講座を受けることを決断しました。動画がテーマ毎に区切られているため、移動時間などのスキマ時間を活用して効率的に学習ができました。現在では、社内のSDGsを推進する組織に属し、SDGsの考え方を広めています。

職業:経営者
アパレル小売を生業とする中小企業を経営しています。消費者のニーズがここ数年で大きく変わり、安価で機能性が高いだけでは売れない時代が到来しており、弊社も例外ではなく、売上が低迷していました。その状況を打開すべくSDGs経営に取り組もうと決断し、SDGsを体系的に学べるこちらのSDGs検定講座を受講することに決めました。短期間で、体系的に漏れなく学べる素晴らしいコンテンツでした。

よくある質問

Q1.受講のために準備するものはありますか?
A.当講座は完全オンラインの講座となります。そのため、PC・スマートフォン・インターネット回線が必要となります。

Q2.法人も購入できますか?
A.購入可能です。請求書はメールで送付されます。また、一括で5以上のライセンスのご購入の場合は「割引」および「請求書/銀行振込での支払い」が可能ですので、お問い合わせください。

SDGs検定合格講座まとめ

いかがでしたか?

SDGs検定合格講座の内容について解説しました。

これからは企業であったり、一人ひとり個人がSDGsに関心を持って行かなければならないと思います。

そういう意味でもSDGsを知る目的として、このオンライン講座を受けてみてください。

≫SDGs【持続可能な開発目標】オンライン講座のお申し込みはこちらから

SDGs検定合格講座の申し込みはこちら

  • この記事を書いた人

ヤマシタ ユウイチ

1983年 富山県生まれ
2014年からベトナムで生活|2022年11月から仮想通貨投資始めました。
2児のパパです。

-生活
-, ,